URLエンコード・デコード変換

SEOツールネット

URLエンコード・デコード変換の説明
URL(文字列)をエンコードに変換します。またエンコードされた文字列を入力すればデコードに変換します。APIもあります。

URLエンコード・デコード変換ツール
URL
Send

Encode
Decode

API & Example

api1: https://seonet.jp/website/urlencode-urldecode/api.php?code=urlencode&url=https://www.seonet.jp/?a=1&b=2

https%3A%2F%2Fseonet.jp%2F%3Fa%3D1%26b%3D2

api2: https://seonet.jp/website/urlencode-urldecode/api.php?code=urldecode&url=https%3A%2F%2Fwww.seonet.jp%2F%3Fa%3D1%26b%3D2

https://seonet.jp/?a=1&b=2

※api1はURLをエンコードします。api2はURLをデコードします。
※APIURL内の「url=」以降に変換するURLを入力します。
※apiの使用回数の制限は1日100回までになります。多く使いたい方はお問い合わせください。

サイトツール
ページ表示速度測定
ウェブページの表示速度が測定できるツールです。ページ表示速度は検索アルゴリズムのひとつに組み込まれています。(SpeedUpdate)
リダイレクトチェック&HTTPヘッダ情報
リダイレクトチェックとHTTPヘッダ情報が確認できるツールです。HTTPステータスコード一覧=1**(情報)、2**(成功)、3**(リダイレクト)、4**(クライアントエラー)、5**(サーバーエラー)
日本語ドメイン&日本語URL変換
日本語ドメインをPunycode(ピュニコード)に変換します。またURL内に日本語や全角記号が含まれている場合にはエンコードします。反対にエンコードされたURLを送信すればデコードします。APIもあります。
URLエンコード・デコード変換
URL(文字列)をエンコードに変換します。またエンコードされた文字列を入力すればデコードに変換します。APIもあります。
HTMLソースコード表示
ウェブサイトのHTMLソースコードやCSSコードなどをシンタックスハイライトで表示します。また任意のワードでコード内を検索しハイライト表示もできます。
HTMLソースコードを表示用に変換
HTMLソースコードをウェブサイト上に表示できるように変換します。また変換(エンティティ化)された文字列を入力すれば実際に使われるHTMLソースコードに変換します。
モバイルフレンドリーテスト
ウェブサイトがモバイルフレンドリーに対応しているかをチェックします。近年のSEO対策ではモバイルページの作成が重要になっています。
画像base64変換
画像をBase64にエンコード変換します。ウェブサイトHTMLの画像タグに <img src="data:image/png;base64,CODE"> として埋め込めば画像の読み込み時間がなくなりウェブサイトの表示速度が上がります。

はてなブックマークに追加